診療案内

診療メニュー

一般歯科(虫歯治療)

一般歯科(虫歯治療)

虫歯の予防

虫歯は、歯の病気の代表的な存在です。
虫歯ができやすい人は治療して治してもまた別のところが虫歯になるので、根本的な予防が必要です。ブラッシングと、食生活の内容とリズムを整えることが、虫歯予防の基本です。

虫歯って何?

歯の表面は、歯ブラシで除去しない限りプラーク(歯垢)というねばねばした汚れで覆われています。このプラークの中には虫歯の原因菌のミュータンス菌やラクトバシルス菌が住んでいます。
これらの細菌は、食事中の糖分や炭水化物を利用して酸を作ります。
この酸によって歯が溶かされてしまったものが虫歯です。
甘くないもの、例えば牛乳やご飯でも、何か食べ物が口に入れば虫歯の元になる酸が作られます。 お菓子のほか、のど飴や薬用酒、100%ジュースでも酸は作られるので注意が必要です。

虫歯になりやすい人は、次のことをチェックしましょう

  • 食事回数が多くありませんか?(お菓子など間食も含みます)
  • 飴やガム、チョコレート、糖分の入った飲料水(スポーツ飲料、缶コーヒー、薬用酒)を常用していませんか?
  • 夜間の仕事やストレス、受験勉強などに伴う生活の乱れがありませんか?
  • 唾液の量が極端に少なくありませんか?(薬の副作用の場合もあります)
  • ブラッシングがきちんとできていますか?歯ブラシがあたっていなければ、そこはしていないのと同じです。
  • フッ素を使用していますか?

唾液の働きと食事の間隔

唾液は酸を中和して口の中を虫歯にならない状態に戻したり、歯から溶け出したカルシウムを元に戻したりする作用があります。ただし、唾液の働きによって口の中が虫歯にならない状態に戻るには2時間ほどかかります。その間に間食をして食べ物が口の中に入ってしまうと、また強い酸性の状態に逆戻りして虫歯になりやすい状態が続くことになります。
ですから、虫歯を防ぐためには食事やおやつの間隔をきちんとあけて、ダラダラと食べないことが大切です。

フッ素の効果

フッ素は歯の質を強くする働きがあります。
歯の表面の酸性状態が続くと、歯の表面からカルシウムが溶け出して初期う蝕になります。
フッ素は溶け出したカルシウムを再び歯に取り戻す助けをします。
また、歯の表面にフルオロアパタイトという硬く強い結晶を生成して、より耐酸性の高いエナメル質を形成します。う蝕の予防にはフッ素の利用がとても効果的です。
ブラッシングタイプのものもあり、手軽に利用できます。

審美歯科

審美歯科では、ただ歯を治すのではなく、より自然により美しくあなたの口元のトータルエステを追及します。
前歯の自然な色やツヤを表現したり、奥歯に金属を使わずに虫歯を治します。
小原歯科医院月見里診療所では、審美治療の際、デジタルカメラで口腔内を撮影し、カラーマッチングを行います。(※保険外診療)

審美歯科症例 審美歯科症例 審美歯科症例 審美歯科症例
審美歯科症例 審美歯科症例 審美歯科症例 審美歯科症例

歯のホワイトニング

過酸化尿素という薬剤を使用し、歯を漂白します。
小原歯科医院月見里診療所では、アメリカで最もポピュラーなホワイトニングを使用したホームブリーチングを行って、定期的チェック以外はご自宅で、自分のペースでホワイトニングが行えます。(※保険外診療)

遺伝によるもの 喫煙によるもの 遺伝によるもの
ホワイトニング症例 ホワイトニング症例 ホワイトニング症例
ホワイトニング症例 ホワイトニング症例 ホワイトニング症例

歯のクリーニング

歯周病の原因の歯垢、歯石、喫煙による歯の汚れ、お茶やコーヒーの着色を取り除き、本来のあなた自身の歯の白さを取り戻します。専任の歯科衛生士により計画的に行います。

歯周病

歯周病とは

以前は歯槽膿漏といわれていました。正式な病名は「変縁性歯周炎」といいます。
痛みがなく進行し、歯周病の末期になると歯を支えているあごの骨が溶けてしまい、歯がぐらつき、歯ぐきから膿が 出てきます。そしてぐらついた歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。
また、多くの場合一本ではとどまらず、口の中全体に広がっていきます。

歯周病はどうしておこるのでしょうか?

歯周病はどうしておこるのでしょうか?

歯肉(歯ぐき)と歯の間にはポケットという深さ2mm位のすき間があります。ここに歯ブラシがあたっていないと、このポケットに歯垢がたまります。

歯垢の中には細菌が住んでいて、この細菌の出す毒素によって歯肉が炎症をおこします。これが歯肉炎で、歯周病の第一歩です。

歯肉炎にかかると歯ぐきは赤く腫れ、歯磨きのときに歯ぐきから血が出ます。歯肉炎を放置しておくと症状はますます悪化し、あごの骨が溶け出し、歯周炎へと進んでいきます。このように歯周病は主に歯と歯肉の間のブラッシングがきちんとできていないのが原因となります。

歯周病はどのように進行していくのでしょうか?

  • 歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がり歯を磨いたり、リンゴをかじったりすると出血します。
  • 歯周ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が深くなり、そこから出血したり膿が出たりして口臭を感じる場合があります。
  • 歯周ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より溶けてきます。このころは口臭もあり、歯が浮いた感じがします。この時点まで痛みはほとんどありません。歯がぐらついてきます。
  • 歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなります。硬いものは食べられません

歯周病の進行

歯周病を予防、治療するには患者さん自身による適切なブラッシングが何よりも大切です。
フロスや歯間ブラシ等のブラッシング指導を受けてください。

小児歯科

乳歯の生え変わりについて

乳歯はとても大切です。人の歯は一生に一度だけ生え変わります。
乳歯は生え変わるからといっておろそかにしてはいけません。永久歯に生え変わるまでの重要な役割があります。あごの発達、顔の輪郭の形成、体の発達、永久歯の歯並びなどに影響します。

乳歯の虫歯を放っておくと・・・

乳歯の虫歯は永久歯の歯並びを悪くします。
また、噛み合わせが悪くなる(不正咬合)原因にもなります。
このように、乳歯と永久歯は密接な関わりがあります。乳歯の虫歯を放っておくと永久歯に悪い影響が出て、この先ずっと歯のことで苦しむことになりかねません。
早めの治療を心がけてください。

乳歯の名前と生え変わる時期

※個人差がありますので多少前後することがあります。心配でしたらお気軽にご相談ください。

上顎 下顎
  • 乳中切歯・・・ 7ヵ月半
  • 乳側切歯・・・ 9ヶ月
  • 乳犬歯・・・ 18ヶ月
  • 第1乳臼歯・・・ 14ヶ月
  • 第2乳臼歯・・・ 24ヶ月
  • 乳中切歯・・・ 6ヶ月
  • 乳側切歯・・・ 7ヶ月
  • 乳犬歯・・・ 16ヶ月
  • 第1乳臼歯・・・ 12ヶ月
  • 第2乳臼歯・・・ 20ヶ月

※前からの順番ではありません。乳犬歯が最後です。

生え変わりの時期

上顎 下顎
  • 乳中切歯→中切歯・・・ 小1〜小2
  • 乳側切歯→側切歯・・・ 小1〜小2
  • 乳犬歯→犬歯・・・ 小5〜小6
  • 第1乳臼歯→第1小臼歯・・・ 小4〜小5
  • 第2乳臼歯→第2小臼歯・・・ 小4〜小6
  • 第1大臼歯(6歳臼歯)・・・ 6歳ごろ
  • 第2大臼歯・・・ 12〜13歳
  • 第3大臼歯(親知らず)・・・ 17年〜
  • 乳中切歯→中切歯・・・ 年長〜小1
  • 乳側切歯→側切歯・・・ 小1〜小2
  • 乳犬歯→犬歯・・・ 小3〜小4
  • 第1乳臼歯→第1小臼歯・・・ 小4〜小6
  • 第2乳臼歯→第2小臼歯・・・ 小5〜小6
  • 第1大臼歯(6歳臼歯)・・・ 6歳ごろ
  • 第2大臼歯・・・ 11〜13歳
  • 第3大臼歯(親知らず)・・・ 17年〜

犬歯が最後に生えかわります。学年、年齢は目安です。

乳歯:生え変わりの時期