インプラント・矯正歯科

診療メニュー

インプラント

健康で美しい歯をとりもどし、充実した人生を送りませんか?
歯の根から再建するインプラントは、 もっとも自分の歯に近い修復方法です。
もはや、ガタガタして不愉快な入れ歯に悩む必要はありません。

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、歯茎とあごの骨の中に、元の歯と同じように人工歯根を埋め込む方法です。

インプラントを埋め込むにはちょっとした手術を行いますので、治療期間も他の治療に比べて長くなり費用も高めです。しかし隣の歯を削らずに済んだり、噛み心地や装着感も良く、審美性も優れているという長所があります。

また、今お使いの入れ歯をさらに安定させる土台としても使うことができます。
なかなか安定しない総入れ歯などの場合は特に効果的です。

インプラントは、虫歯にはなりませんが歯周病(歯茎の病気)になる可能性はあります。
そのため定期的な検査と普段の適切なお手入れは欠かせません。

インプラント治療の手順

  • 麻酔をかけ、歯肉を切開巣します。
  • あごの骨に人工歯根と同じサイズの穴をあけます。
  • 穴の中に人工歯根を埋め込みます。

インプラント治療の手順

埋入した人工歯根が固定されるのを待ちます。(2〜6ヶ月間)
固定された人工歯根に人工歯を取り付けます。

インプラント治療の手順

1〜2時間の簡単な手術になりますが、局所麻酔をしますので処置中は痛みません。

インプラントの治療例

インプラント症例 インプラント症例
インプラント症例 インプラント症例
インプラント症例 インプラント症例 インプラント症例
インプラント症例 インプラント症例 インプラント症例
インプラントメーカー[バイコン]

バイコンインプラントCERTIFIED

バイコン社はインプラントの材料を製作している会社です

小原歯科医院月見里診療所はバイコンのインプラント製品を使用しており、 バイコンインプラントのCERTIFIEDを取得しております。
Bicon Dental Implants Seneible implant dentistry

>> [Bicon Japan 公式サイト] 

矯正歯科

「歯並びがおかしいな?」と思ったらお気軽にご相談ください。
小原歯科医院月見里診療所では、よりよい矯正治療を受けていただくために、東京から月一度、専門医に来ていただいてます。 専門医による相談、診療は予約制になっております。

診療日の確認、予約は電話またはお問い合わせフォームより受け付けております。

不正咬合の種類

乱杭歯(叢生:そうせい)

あごが狭かったり、一本一本の歯が大きいためにあごに収まりきれないために歯が乱杭になっている状態です。八重歯などは典型的な例です。 歯が不揃いに並んでいるために清掃が難しく、虫歯、歯肉炎、歯周病、顎関節症、口臭などお口の中の様々な病気の原因となります。

乱杭歯症例 乱杭歯症例

>> 乱杭歯の治療例を見る

出っ歯(上顎前突)

上のあごが下のあごよりも前に出ている状態です。上のあごが成長しすぎている場合と、下のあごの成長が足りない場合の二通りがあります。単純に上の前歯が前に傾いていることでも、このように見える場合があります。指しゃぶり、鼻炎、アレルギー様々な原因があります。受け口と同様にあごの成長が残っている場合にはコントロールすることで改善が見込まれます。

出っ歯(上顎前突)症例 出っ歯(上顎前突)症例

>> 出っ歯の治療例を見る

受け口(下顎前突)

下のあごが上のあごより前に出ている状態です。
下のあごが成長しすぎている場合と、上のあごの成長が足りない場合の二通りがあります。成長が残っている子供と、成長が済んでしまっている大人とでは治療方法が全く異なります。

受け口(下顎前突)症例 受け口(下顎前突)症例

>> 受け口の治療例を見る

開咬

かみしめた時に上下の歯が接触しないで空いてしまう状態です。このような患者さんはしっかり咬んでも舌が見えてしまいます。指しゃぶりや舌の癖が原因となることも多いです。

開咬症例

>> 開咬の治療例を見る

すきっ歯(空隙歯列)

隣り合った歯が接触しておらず、隙間が空いてしまっている状態です。あごが大きかったり、歯が小さい場合にこの様な歯並びになります。また成人の場合、歯周病が原因で歯の間にすき間が生じることもあります。
見た目が悪く、それ以上に問題なのは隙間にモノがつまりやすいために歯や歯ぐきの病気になりやすいことです。

すきっ歯症例

>> すきっ歯(空隙歯列)の治療例を見る

正中離開

空隙歯列(隙間のある歯並び)の一種で、特に左右の中心に隙間があるものを「正中離開」といいます。原因としては、過剰歯、小帯付着異常、歯周病、前歯部交換時の生理的なものなど様々です。機械的に隙間を閉じただけでは再発の可能性が高いので、原因を特定、排除を同時に行わない、固定を場合によっては永久的にする必要があります。

正中離開症例

埋伏歯(埋まったままの歯)

永久歯、乳歯あるいは過剰歯などが口の中にはえずに骨や歯ぐきの中にとどまってしまっている状態です。外傷、過剰歯、骨性癒着、乳歯の感染や早期脱落、逆生歯など様々な原因があります。矯正歯科では第一に永久歯であれば本来の場所に牽引することを考えます。ただし、過剰歯の様なよけいな歯、骨性癒着のように全く動かない歯、逆生歯など動かす量が多い歯などは抜歯することが多いです。また、歯牙移動や抜歯よりもそのままにしていて問題がない場合は放置することもあります。

埋伏歯症例 埋伏歯症例

矯正装置の種類

当院では様々な矯正装置をご用意しております。それぞれの長所・短所をご説明した上で、患者さんに合った装置と治療方法をご提案させていただきます。

  • 可撤式と固定式
    患者さん自身が取り外せるタイプの装置と、歯やあごに止められて自分では外すことのできないタイプの装置の2種類に分けられます。
  • 顎整形と歯牙移動
    上あごや下あごの成長や形態をコントロールするための装置と歯を動かすための装置です。

アソアライナー(クリアアライナー)

最近になり、取り外し可能の透明な装置が開発されました。
歯磨きと食事の時以外に装着していれば歯を動かすことができます。
また、ホームホワイトニングを併用することも可能です。

アソアライナー(クリアアライナー) アソアライナー(クリアアライナー)

インビザライン

当院、矯正専門医上山裕茂はインビザラインドクターです。

インビザライン・アライナーは透明で目立たないため、装着していることがわからず、 見た目にストレスを感じさせません。
また、取り外しが可能なため、いつでも簡単に歯のお手入れができ、 口腔内を健康な状態に保つことができます。

3次元シミュレーションソフトを通じて、治療開始から完了に至るまでの歯の移動を、 コンピューター画面上で画像および動画として確認することができます。

金属製のワイヤーやブラケットを使用しないため、治療期間中に装置が脱落するなどの緊急性を 要することがありません。
また、金属アレルギーの心配もありません。

患者様のメリット

○ 透明で金属の矯正器具に比べ目立たない
○ 食事の際には外すことができるので気にせず食事が楽しめる
○ 洗浄が可能なため清潔に保てる
○ 3次元シミュレーションにより矯正の成果が目に見える
○ メタルフリー

インビザライン

マルチブラケット

一本一本の歯にコントロールするための装置『ブラケット』を接着剤で固定し、それにワイヤーを固定することでワイヤーのたわむ力、ゴム、バネなど様々な付加装置で歯を一本一本動かして正常な咬み合わせに仕上げていきます。取り外すことはできません。
ブラケットには「金属」と「目立たない透明のタイプ」の2種類があります。金属の方が治療上有利ですが、透明のタイプでも仕上がりは変わりません。

マルチブラケット装置(目立ちにくいもの)

マルチブラケット マルチブラケット

金属のブラケット

金属のブラケット 金属のブラケット

矯正治療例

乱杭歯(叢生:そうせい)

乱杭歯症例 乱杭歯症例
乱杭歯症例 乱杭歯症例

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)症例 出っ歯(上顎前突)症例
出っ歯(上顎前突)症例 出っ歯(上顎前突)症例

受け口(下顎前突)

受け口(下顎前突)症例 受け口(下顎前突)症例
受け口(下顎前突)症例 受け口(下顎前突)症例

過蓋咬合

過蓋咬合症例 過蓋咬合症例
過蓋咬合症例 過蓋咬合症例

開咬

開咬症例 開咬症例
開咬症例 開咬症例

すきっ歯(空隙歯列)

すきっ歯(空隙歯列)症例 すきっ歯(空隙歯列)症例
すきっ歯(空隙歯列)症例 すきっ歯(空隙歯列)症例